7-Temptation for BMW E65 7series
E90 3series


エンジン・その他足回り等

E90セダンには、発売当時、4気筒と6気筒がラインナップされていました。モデルは、320i、325i、330iの

3種類。2006年モデルになった時、Mスポーツパッケージの発売とともに、323i、330xiが追加され、

325iはMスポーツパッケージ搭載車を標準モデルとし、ノーマルの325iは受注生産という形になりました。

また2005年末には、WTCC参戦のためのホモロゲーション・モデル、320siも発表され、06年に世界

限定2600台で発売されましたが、日本には導入されませんでした。その後、335iが発表され、

日本では330iの輸入が打ち切られ、335iへと切り替わりました。

さて、僕は日本に正規輸入されているエンジンの5種類のうち、運よく、すでに4種類に試乗しています。

個人的なインプレッションにはなりますが、比較をまじえつづりたいと思います。

☆320i<N46B20B>☆

初めて乗ったE90は320iでした。まず受けた印象はBMWのエンジンらしく気持ちよく回るということ。

しかし、少しパワー不足なのか、ちょっとうるさく、フル加速をためしましたがちょっと遅い印象でした。

音や足の効果なんでしょうが、そのあとすぐに乗った330iと比べると、すごくスピード感がありました。

☆325i<N52B25A>☆

N52B25A、雑誌等のインプレッションで、E90はこのエンジンを搭載する325iがベストバランスだと

何度か目にしたことがあります。僕もそう思います。馬力もトルクも、ありすぎずなさすぎずといった

感じです。一番気持ちよく回転してくれるのがこのエンジンだと思います。330iや335iは少々パワーが

ありすぎる感じです。たしかに高速走行時などで、そのパワーを必要と思う時もありますが、街乗りや

高速をすべて考えると、どちらにも不満なく、キレイに対応できる325iがベストバランスということに

なると思います。

☆330i<N52B30A>☆

普段乗っている325iと同じエンジンであり、排気量が500ccほど大きく、40psほど馬力が高いエンジン。

まず街乗りに関してはほとんど差を感じません。ただ、325iより馬力もトルクもありますので、

回転が気持ちよくあがらない感じでした。踏み込めば当然上の方まで回りますが、普段はトルクで

持って行ってすぐにシフトアップしてしまう感じでした。普段は325iの方が「楽しく」運転できると思いました。

高速走行時、またフル加速時など、やはり馬力とトルクの差を感じました。ただ、325iより速いのですが、

『すごく』とか『滅茶苦茶』な差があるとは感じませんでした。ちょっと速いだけといった印象でした。

ただ、乗った車は17インチを履いていることもあるのでしょうか、カーブで非常に不安感があります。

ロールも大きかった感じでした。

☆335i<N54B30A>☆

BMWとしては久しぶりの『ターボ』エンジンです。306ps、40.8kgmという高性能は、BMWの4000ccV8と

同馬力であり、トルクはわずかに上回っています。走り出しから軽い印象を持ちます。

ターボ車なのに、NAと変わらないくらい気持ちよく回り、またその回転に応じて引き出されるパワーは、

他の6気筒とは明らかに違っていました。街乗りでもその速さは実感できます。加速が速いです。

そして高速走行においても、いつ踏んでもとてつもないパワーを引き出してくれるエンジンですが、

中間加速がものすごく速く、気持ちのいい感じでした。この中間加速が一番印象的でした。

ただ、足がちょっと柔らかく感じました。うちの325iと同じで18インチになっていたので、条件は同じの

はずですが、カーブでのロールが激しかったりと、安心して踏み込めない感じでした。06年モデル

からの足の小変更が関係しているのではないでしょうか。330iの時の感じもたぶんそうです。



          335i搭載のN54B30A
                                        325i搭載のN52B25A
     ※画像はクリックして拡大         



Back! 3series MENU


   Copyright (C) 2006-2007 7-Temptation. All Rights Reserved.